データ消去

パソコン回収センターでは、御利用者様から回収したパソコン内のデータ漏洩を防ぐ為、
回収パソコン全数の無料データ消去を徹底させて頂いております。

電源が入らないパソコンや故障してしまったパソコンでも、記録媒体のみ抽出を行った上でデータの消去を行わせて頂くため、確実なデータ消去が可能となっております。
また、ご希望に応じて別途オプションサービスをお申し込みいただければ、データ消去証明書の発行記録媒体の返却もお伺いさせて頂いております。

◎データ消去の方法

ソフトウェアデータ

■専用ソフトウェアによるデータ消去

独自規格のデータ消去ソフトウェアを使用し、復元が不可能になるレベルまでのデータ消去を行っています。

物理的破壊

■記録面の物理的破壊

各媒体における記録面を物理的に破壊し、データの読み取り・復旧が出来ないレベルにまで粉砕致します。

◎データ消去の手順

回収したパソコンは、以下の様な流れでデータの消去が実施されます。
また、この工程は終始専属のスタッフ一人のみの手で行われデータ消去が完了するまでは当該スタッフ以外がお預かりした記録媒体に触れる事は一切ございません。

◎専用ソフトウェアによるデータ消去

ダンボール
分解

回収したパソコンやサーバーを分解して、記録媒体を取り出します。

次へ
梱包材・緩衝材
消去専用PCへの接続

HDD内のデータ閲覧が一切出来ず、接続された記録媒体のデータ消去を行う事のみに特化したパソコンに記録媒体を接続します。

次へ
ガムテープ
ソフトウェアによる消去の実施

HDD自体が故障しておりませんでした折には、上記の後自動的にソフトウェアによるデータ消去が実施されます。

◎記録面の物理的破壊

ダンボール
分解

回収したパソコンやサーバーを分解して、記録媒体を取り出します。

次へ
梱包材・緩衝材
消去専用PCへの接続

HDD内のデータ閲覧が一切出来ず、接続された記録媒体のデータ消去を行う事のみに特化したパソコンに記録媒体を接続します。

次へ
ガムテープ
物理破壊によるデータ消去の実施

HDD自体が故障していた場合には、磁気等によって記録が収められている箇所を徹底的に破壊し、粉砕の確認をもってデータ消去完了となります。

◎データ消去済みの記録媒体と未処理の記録媒体が紛れぬ様に、記録媒体はマーキング処理を徹底しております。◎

下記未処理の品に関しましては、専属スタッフ以外が一切手を触れぬ様厳重に管理されています。
■マーキングなし:データ消去未処理  ○青シール:データ消去処理済(再利用可)  ●赤シール:データ消去処理済(再利用不可)
未処理 処理済(故障品・動作品)

ご不明なことお困りのことがございましたらお気軽にご相談下さい。お問い合わせ・ご相談は(営業時間:10時~17時 年中無休)050-5534-5287

TOPへ戻る